それでも使った方が良いとも思うのには訳があるのです。

1.エアコンが効いた室内ではさらに冷やす効果が高まります。頭部は温める箇所ではありませんが、冷えすぎも血行が悪くなり毛髪に良くありません。

2.熱い夏では寝苦しいですよね。寝苦しいと寝ている姿勢をよく変えます。なので必要以上に毛髪を枕に擦り付けることになってしまうのです。それが濡れている髪では致命傷を負いかねません。

2.仮にエアコンが嫌いで使わない方でも夏場湿度が高い為に意外にも乾くまでに時間がかかります。適度な湿度と室温は雑菌の繁殖条件としては適した状態ですので、よくある洗濯物の室内干しで発生するニオイの問題が出てしまいます。特に皮脂の分泌の旺盛な方は要注意です。

それにしてもお風呂上がりのドライヤーはキツイですよね?

要は乾くまでの時間を短くする事が肝要であって、完璧に乾かす必要はありません、冬場も同様ですが頭部で乾きにくい箇所と冷えさせたくない箇所(※襟足、頭頂部)を重点的に乾かしましょう。ドライヤー使うことで結局またお風呂に入り直さないといけないほど汗っかきな方はドライヤーの冷風機能を活用して下さい。

まとめ

そうでなくとも紫外線や汗からくる活性酸素で毛髪はおろか地肌にもダメージを負いかねない夏をしっかりとケアすることで、ダメージが表面化する(脱毛)する秋頃の毛髪の調子が違うはずです。女性は日傘などの利用で紫外線への意識が高いのですが、男性は帽子を利用することをお勧めします。私などはバイク通勤でヘルメットをかぶるこはもちろん、自転車通勤でも自損した場合と紫外線対策でヘルメット着用してますよ!仕事時には無理かもしれませんが休日は是非とも気にしてみて下さいな!

プッシュ通知を