数ヶ月に一度の割合でパーマをかけられるお客様、いつもはブロードライで仕上げる事を前提にしたパーマでしたが、今回は気分を変えてウェーブヘアです。

ウェーブスタイルパーマ

ロッドを巻いた後の画像しかありませんが、お話は仕上がりについてではなく、毛髪への神経の使い処です。お客様はヘナを自宅でされているので、ダメージの心配はありませんでしたが、どうしても年齢のよっては毛表皮の脂質が減少してますので、パーマ施術でツヤを失いかねません。

薬剤がアルカリ性であることから、脂質を薬剤が奪ってしまうので、そうならないようにマックスのパワーで薬剤に浸潤している時間を短縮します。

薬剤の塗布から2分→スポイドで薬剤洗浄→クリープタイム10分

スポイドでの洗浄でphは落ちているとも思われますので低アルカリでちょっと長めの放置時間です。

なんて事のない工程が毛髪の脂質と毛髪の芯を奪いません。

もちろんスタイリング剤なしでは成立しないスタイルですからスタリング剤の使い方をと肝を説明して見送りました。

以前かけてパーマが失敗でパーマをかけることに臆病になってませんか?そうですよね!?

これまでの美容室での施術履歴からきちんと施術方法と薬剤の選択が出来ていれば、大きく失敗することはまずありません!

これからの暖かくなってきますとイベントごとが多くなります。パーマをかけることでアレンジが利きますのですいかがですか?

お気軽に相談下さいませ。

 

プッシュ通知を